2009年04月17日

閑話休題

お世話になっている弁護士に聞いた話。

少年Aは小さいころに人を殺めた。

少年院に入り、その後社会に出て勉強し、

弁護士資格をとり、結婚もして成功した。

大きな邸宅を購入し成功者の人生を歩いていた。

片や子供を殺害された被害者の母親は、何十年も後に

少年Aが気になった。

どんな人生を送っているのか気になった。

何とか調べ上げてAがどんな人生を歩んでいるのか知りたくなった。

実際に探し出し、Aに会うために訪問した。

被害者の母親に会ったAは、会った瞬間にこう言った。

「なんぼ欲しいねん?(いくら欲しいのか?)」。。。。。


なんとも言えない話だが実話だそうだ。


想うこと。

「あの人は人はいいんだけどねー」
「あの人は皆にすかれるんだけどんねー」

それは、いい人なんだけど仕事はできないよねー、の裏返し。

いい人では仕事はできないのか?

良くない人にならないと仕事はできないのか?

人に厳しく、リストラや首切りもできる人が仕事のできる人なのか?

そうであれば、私は、本質から正直者や誠実な人間が、しっかりと

潤える会社を作りたい、そういう社会に生きたいと思う。

いい人と一般に言われる人が、仕組みによってその弱点を補える、

そんなスキームを作りたい。

プライム・リンクの代表時、当時カリスマアナリストと言われた、

藤野さん(当時ゴールドマンサックスアセットマネジメント、現レオスキャピタル社長)に、

正義は勝つ!ではなく、

本当に正義なのであればそれを証明しないといけない。

よって、「正義は勝たねばならぬ!」だと言われた。

まさしく、そのとおり。

それが、この国の、世界の未来のために必要だ。

モチベーションアップ!!
スナッピーオークションズ 
土屋 晃 

SnappyAuctions 
Akira Tsuchiya













posted by tuty at 00:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。