2009年10月26日

マックとハーレー!?

マックはマックでもappleのマック。

15年前、PCはappleを使っていた。(1年間だけだったが。)

会社全体がパソコンはappleだった。

デザイン会社でもないのに変わったコンサルティング会社だった。

それから13年間、PCはウィンドウズを使っている。



2か月前に久しぶりにapple製品である、iphoneを買った。

appleには独特のアイデンティティーがある。

性能的に、機能的に他PCよりも勝っているかと言うとそうではない。

15年前のマックは「爆弾」が出て再起動の連続、大変だった。

ウィンドウズに比べて使えたものではなかった。

snow reopardでもそうだ。データ消失問題が結構おきている。

最近買ったiphoneもメールが文字化けして大変だった。

本来であれば不良品だ。


メールの文字化けを直すまでクレームをつけるのが本来の姿かもしれない。

製品としての最低限の機能を保証しろ!と言うだろう。


ただmac愛好者は違う。すべて想定済みでmacを買っている。

顧客がmacの大フアンであり愛好者だ。



こいった会社や製品は強い。

顧客は機能を買うのではなく、ポリシーや魂を買っている。

macの売っている本当の商品は、持つ所有欲であり、魂であり、夢だ。

そう。スティーブ・ジョブスの夢。



ハーレーダビットソン(バイクメーカー)も同じだ。

ハーレーの愛好家は性能や機能でバイクを買わない。

世界的なバイクメーカー、ホンダもヤマハも先進国における

出荷台数で青色吐息のこの時期に、ハーレーの業績は堅調だ。



性能や機能、価格においてもアドバンテージのない企業や製品が

なぜ人に受け入れられるのか?


製品や、機能を「モノ」としてみるか、「コト」としてみるかの違いだ。


「モノ」から生まれるもの。

それは価格のみに行きつく。



「コト」から生まれるもの。

所有するシーンであり、こだわり、よろこびや付加価値に行きつく。



「モノより想い出」。少し前の日産CMのキャッチフレーズ。

日産のCMの最終チェックはいつもカルロス・ゴーン氏、自らが手がける。

時代が何を求めているのか、トップが分かっているからこうのようなCMになる。



マスターカードのCMもそうだった。お金に代えられないもの、

priceless。

すべて人が創り出すソフトだ。



Think Different から Feel Different へ。

あなたの会社はどっち?



Feel Different、明日が動き出します。



スナッピーオークションズ 
土屋 晃 

SnappyAuctions 
Akira Tsuchiya
posted by tuty at 23:10| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

本当の商品とは。
Excerpt: http://blog.seesaa.jp/tb/131258528 上の記事を是非呼んでいただきたい。 僕が新卒で入社予定だった会社の、当時の社長のブログ。 結局辞退させてもら..
Weblog: こば君ブログ
Tracked: 2009-10-30 03:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。